スポンサーリンク

三世代で楽しめる趣味、発見しました!

休日祖母たちと一緒に買い物に行ったとき、子供達は目をキラキラさせて、迷わずおもちゃ売り場に走って行きました。その気持ちは、憶えがあるのでとてもわかりますが、親になるとあーまた出費だとか、買い物まだ終わってないんだけどなーと思ってしまうようになって、自分の親たちもこう思っていたのかなと一人苦笑しました。
最近はいろんなテレビゲームやアニメ関係のグッズが売っています。おもちゃというより、コレクションで集めたくなるような精度の高いドールハウスや変身グッズに毎回驚かされます。着せ替え用の服も、最近のファッションを取り入れてあり、目移りします。いつもは100円ショップで我慢させているので、その種類の豊富さにも驚きました。100円ショプでおもちゃが買えることになったことにも驚きですけど。
大切に使うことを約束させ、一つ欲しいものを子供達に選んでいいよと祖母が言うと、狂喜乱舞でした。おもちゃを選ぶために、子供とおもちゃ売り場を歩いている時、樹脂粘土を見つけました。テレビゲームに熱中するのではなく、手先を動かし、自分で何かを創造したり身体を使って遊んで欲しいと思っていたので、これだ!と思って、子供達の興味を誘導し、戦隊ものもお人形も一度全部欲しいものを全部自分たちで作ってみようよと話してみました。
子供達ははじめは、普通におもちゃが欲しいと言っていたのですが、いま買ってもらえるおもちゃは一つだけだけど、樹皮粘土でつくれば何個でも好きなだけすべて手に入れられるということに魅力を感じたようで、みんなで樹皮粘土を買って帰宅しました。

帰宅後、早速製作に入ったのですが、その取り扱いのしやすさにビックリしました。
私が子供のころの粘土の時間の記憶といえば、重い、手につく、臭いがする、色も可愛くないというマイナスのイメージしかありませんでした。粘土も改良され、今は少し違うのかもしれませんが、私は幼少時代の図工で使った粘土以来触れていませんでした。久々に粘土と再開したのが樹脂粘土でした。粘土自体が柔らかいので、力を入れてこねる必要もありません。
子供や祖母もなんなく丸めたり、伸ばしたりしていました。少しくらい家が汚れても仕方ないと思っていたのですが、べちゃっと手につくこともないので、こねている途中に粘土がリビングのものにくっついたりもなく、掃除のことを考えて憂鬱になることもありませんでした。
色をつけて自分の好きな色を作ることができたりするので、可愛い粘土に作りたいものもどんどん出てきて、夢中になってみんなで作りました。

祖母や子供達も一緒にできる遊びが見つかって、こうしたらいいんじゃないとか、こんなの作ってよと、遊びながら会話も弾みました。テレビゲームを長い時間していると怒ったりしますし、公園だと祖母の体力も気になりますが、時間も気にせず一緒に作っていく時間はとても心が落ち着く楽しい時間でした。
多分祖母や私のそんな気持ちが伝わったのが、子供達も生き生きと作っていてとても嬉しかったです。祖母曰く、手先の運動はボケ防止にもいいみたいだから、私にも最適ねと笑っていたので、楽しかったのだと思います。

出来上がった作品は、通常の粘土のように重くないので、いろんなところに飾っています。家の中も、華やかになるし、一緒に作った作品が、飾ってあるとその時の楽しい時間を思い出して、ほんわかした気持ちになります。今年のうちのブームになりそうです。


輝くジュエリーバッグで大変身!

みなさんは、ジュエリーバッグというワードをお聞きになったことがありますか。
その正体は、優雅に輝く独特な質感を持ったバッグ。
デザインの違いによって、かわいらしいガーリーなものから、エレガントでパーティシーンにも最適なものまで、幅広く使いこなすことができます。
何よりもまさにジュエリー、宝石のようにキラキラするのが素敵ですよね。

素材の太さや色合い、編み方によって、また表情も変わるのがジュエリーバッグの面白いところでもあります。
大きなトートバッグはお買い物にもちょうど良さそうですし、小さなクラッチはメイク道具を入れてスマートに持ち歩きたいですね。
女性らしさ満点のファッションアイテムとして、近年休息に人気が高まってきています。
実はこれ、専用のヤーンを使ってハンドメイドで作ることができるんです。
最近、女性が注目するお稽古ごととしても、ジュエリーバッグづくりは人気急上昇中です。
ヤーンにもさまざまな種類があって、これを変えると出来上がりがぐっと違ってきたりもします。
白や黒などでモノトーン調にすれば、モード系やシンプル系のアイテムが作れます。
カラフルにして、コーディネートのアクセントにするのも上級者。

使われている材料がツルツルしているから、汚れても水で拭き取りやすいのが特長でもあります。
こんな綺麗なバッグやアクセサリーを自分の手で作れたら、自信がつきそうですね。
手芸歴の長い方もそうでない方も、ジュエリーバッグでおしゃれな女性に変身してみては?

東京でもジュエリーバッグ教室が増えてきましたね。


朝から充実した生活が嬉しいです!

楽しいな!と思うことはたくさんありますが、本当に私が楽しいと思うのは充実した生活ができたときです。時間を大事にできたとか、無駄な時間を作らなかったときが私にとって楽しいときなんです。たとえば朝起きて布団を干したり家庭菜園に水をあげたりして朝の時間を大事にします。布団を干すときも布団に汚れがついていないか変なニオイがしないかをチェックしています。

家庭菜園のほうはサヤインゲンやプチトマトが実っているのでその様子を見ながら水をあげています。プチトマトはたくさん植えているので実もたくさんなっています。
真っ赤に熟してから採ると本当に甘い砂糖のような味です。スーパーで売っているプチトマトとはまた違う味がするのは自分で作っているからではなく真っ赤になるまで放置しておくから・・・。真っ赤に実が熟してからもぎ取って食べると本当に甘くて野菜と言うよりフルーツに近い味がします。

トマト独特の味というよりは誰でも食べれる味。トマト嫌いな人も食べられるような味になるまで辛抱強く育てるのです。もうこれ以上置いておくとダメになってしまうんじゃないか・・・と思うあたりでもぎ取ってサッと洗って食べます。私はプチトマトは冷やさず食べたい方なので簡単に洗ったらその場で口に放り込んでしまいます。
お皿に並べているのがもどかしいほど私が作るプチトマトは最高のできなのです。

他にもキュウリやオクラを育てているので食べ頃になった野菜は朝ご飯のつけあわせとして食卓に出しています。キュウリも採れたては美味しくてドレッシングやマヨネーズなんて必要ないくらい・・・そのままキュウリにかぶりついても十分美味しいです。オクラは産毛が痛いくらい立派に育つのでそのままでは食べられません。熱湯でサッと湯がいて産毛がしんなりしたところでざるにあけ、食べやすい大きさにカットしたら醤油と鰹節をかけて頂きます。

朝からこういう充実した時間を送れることが楽しいです。


ボクにはむずかしいなぁと言われて

子供のころ、歯磨きを面倒くさがり親に「磨け」と言われて、「もうやった!」とうそをつくことが多かった私。
小学校の歯科検診の度に、「要治療」というお知らせをもらいながらも、親に見せず隠した、ところが、そのお知らせには治療が終わったという医者のサインをもらって再提出するというものでしたので、ある時期を過ぎると、お知らせが再発行されてしまい、親に見せなければならなくなり、怖い歯医者に連れて行かれ、幾本もある虫歯の治療に痛い思いをしてきました。

今思えば、親からは歯を磨けと言われるものの、その大事さみたいなものは教えられなかった気がします。
中学、高校と大人になって行くにつれ、歯の綺麗な子が目に付くようになり、やっとちゃんと手入れしないといけないと自覚しました。
そんな私も結婚し妊娠が分かったとき、主人にお産する前に虫歯があるならちゃんと直しておくように言われました。
なぜなら、虫歯菌を多く持った親が、子供にチューしたり、口でちぎったものを与えたりするだ事で、子供も虫歯になりやすいとどこからか聞いてきたのです。
さすがにそうなっては、親として子どもに申し訳が立たないので、全て治し歯磨きはもちろん、歯間ブラシを使うなど手入れはちゃんとするようになりました。。
昔ながらの歯科医院で、受付の方と先生のみ。待合室はNHKラジオが流れるだけ、雑誌も置かず、あるのは歯に関連した本だけ。
予約制なので待ち人は少ない為でしょう。

本来、永久歯として生えてこなければならなかった左側の犬歯が長い間、歯茎の中にとどまっていたのですが、ある時加齢とともに歯茎を破って少しだけ出て来た。
徐々に大きく歯として役に立つようになるものだと思っていましたら、一向に大きくならず、ちょこんと頭を出す形でとどまっていました。
歯茎に接している歯の裏側はブラシが届かず磨くすべがなくおりましたら、案の定、表はきれいなのですが、裏側が虫歯になってしまったのです。
すると先生は、こう言ったのです。「○○さん、僕じゃ手がほどこせないよ~」と・・・。僕には難しいなぁって。
えっ~。ビックリです。こんなベテランの先生がこんなこと言うなんて。

僕は毎週○○曜日に、大学病院へ行っていて、紹介状書くからそっちに来なさい。偉い先生に診てもらいましょうと、後日、大学病院へ行き、偉い先生に診ていただいた。そしてすぐ抜歯の手配がされ、診察台に座り、麻酔を打つと、ほんの数分で完了。?????
「えっ!難しい治療なんじゃないの?」と思ったのは私だけ。
先生が言った「僕には難しい」は、設備的なものだったもようです。
ややこしい虫歯が抜けてスッキリ。

虫歯だらけの子供だった私ですが、妊娠を機にきれいに治し、その後は歯磨きが丁寧にできていて、歯石もほとんどないと先生に褒められるほどになりました。
今は定期的に検診していただき、虫歯はありません。

http://234182.jp/


育児の日々は楽しいのか大変なのか

育児は辛かったり大変だったりすることの方が多いです。しかし、たまに嬉しいことがあるとその出来事は本当に心に残る出来事になるような気がします。
昨日は、忙しさの合間に1歳の娘が絵本を読んで欲しいとせがんできました。ある一つのキャラクターの名前を教えて欲しいと指を指していたので、少し違う言い方で、歌うように教えて上げると、それだけで笑顔に笑ってくれました。

朝から上の子の幼稚園の支度、下の子の食事の補助、洗濯、掃除などをこなします。その間に上の子が幼稚園に行きたくないと駄々をこね、なだめ、下の子が気に入らないことがあると抱っこをし…あげるときりがありませんが、主婦というのは、細かい仕事が限られた時間の中で山のようにあります。
その中で、子供がほんの少しの事で喜んでくれたっていうことは、きっと大変なことよりもずっと心に残ることなんだと思います。
そして、今日もその本を読んであげる時に、そのキャラクターの所で娘とお互いに笑顔になりたいなぁなんて、密かに楽しみにしています。
考えてみると、娘と病院や買い物にいったりすると、必ず近くの方に声をかけられます。「まあ可愛いわねぇ」とか「いくつなの?」などと、娘を見て笑顔で話しかけてくれるのです。私はあまり自分からは誰にでも話かけられる方ではないんですが、娘をきっかけに色んな方と会話できていることに、自分でも少し驚いています。

もちろん、それまでには出かけるための準備をするのも、靴下は履いてくれないし、支度ができて、さあ出かけようと思ったら、おむつが汚れてしまって大慌てなんてことがあったりします。小さな子と出かけるなんて面倒くさいから嫌なことをもありました。
でも、色々頑張って面倒くさいなと思ったお出かけをしてみると、ささやかながら、楽しいこともあるんです。私にとってもちょっとでも嬉しいことが待っているのかと思うと、また日々の子育てを頑張ってみようかなと言う気持ちになります。
育児って大変ですが楽しいんものです。


自動車事故を起こしてからの板金修理のながれ

まず、自動車の事故は運転をしている人ならば誰でも起こり得るものです。いざというときにどうすればいいんだろう?
どこに頼めば良いんだろうと悩みますよね。基本車を購入したお店に頼むのが普通だと思いますが、自宅近くの板金塗装屋を1つ見つけておいた方が良いと思います。

次は修理工場に入れてからの流れについて説明します。
保険に加入してる場合(任意保険は任意となってますがまず入っておいた方が良いです。)その保険会社にどこどこの工場に修理を入れた旨を伝えると、工場に連絡があります。その担当者は車がどの程度損傷してるかを見積もりし保険会社に伝えます。保険会社が着手オッケーの返事をしたら必要な部品を注文し修理が着工されます。ここでの注意点はお客様にも見積り金額等の提示がありますので、修理をするのか、保険を使って直すのか保険を使わず自費で修理をするのか決めて頂きます。

次に、実際の修理方法が決まると修理着工です。まず損傷のある部分の部品を外していき、工員が内部まで損傷確認をして同時に直していきます。
外板部分の損傷だけか、内部(骨格類)まで損傷してるのかです。
例えば今回の修理内容が、プリウスフロント廻り修理

修理内容
・フロントバンパー交換・右ヘッドライト交換・ボンネット板金修理だったとします。

この場合、必要部品を外し、ボンネットの板金修理に入ります。変形又は凹みがあるところをハンマーとアテバンを使い叩いて直したり、機械を使って凹みを引き出したりして変形している部分を形にします。

ある程度形になるとそれからパテを盛り形を整えそれを研いで成形していきます。その時に注意することが、修理している面が高すぎないか低すぎないか、ラインはしっかりと作れているかいないのか。
そうしてやっていくとボンネットの成形が完了します。因みにおおそよパテ研ぎのできる職人になるのは3年ほどかかります。

次は塗装工程に入ります。まず板金修理した個所の防錆処理をして、その車のカラー番号から色を作っていきます。今は国産・外車全車種の色番号というのがありますので、まずはコンピューターで近い色まで作っていきます。ここからが大変で、その近い色から実際の車の色に作っていくのです。
年数が経っている車ほど調色が難しいですし、ここ最近の車はパステルカラーが多くなってきたのでその調色も大変です。因みに調色ができるまでの職人になるのはおおよそ5年はかかります。


お仕事の堅い話と、ゆるゆるな飲み会の話

お仕事の堅い話と、ゆるゆるな飲み会の話です笑。

まずは、先日、虎ノ門ヒルズで開かれた、TOKYO innovation leaders summitに参加してきました!

先日のMUFGアクセラレータで選ばれたベンチャー2社、主催者側のBTMU、モデレーターとしてMSの方が登壇されてました。

先週の新聞にも出ていました、カブドットコム証券と企業内ポイント「OOIRI(オオイリ)」の実証実験を発表されていたゼロビルバンクさんの話は個人的に面白かったです。

PUBLICなブロックチェーンを前提としたBitcoin以外にも、いろんな使い道がありそうだなぁと思いました。

また、BTMUは思った以上に本気でアクセラレータやってるんだなぁというのが実感できてよかったです。

他にもベンチャー企業のブースを色々と回ってきました。

ベンチャーは一つのサービスに特化しているケースが多いので、これはできる、あれはできないなどの判断も早いですし、話してるだけでいろいろなアイデアの種をもらえました。

そういえば昔、学生の時もベンチャー企業の社長の方にお話聞きにいって、いろんなことを話すのが好きで、こういう業界に興味持ったのを思い出しました!(^^)

就職活動のときは、適当なことしか言ってませんでしたが…(・・;)

最近は自身の向上のため、イノベーションと名の付くものには顔を出すことをmustにしています(*^o^*)

その後は、一緒に行った同僚と、大学時代の友達が開催していた、恵比寿のお店を貸し切っての「パクチー会」なるものに参加してきました。文字通り、パクチーだらけの会です笑。

個人的には、パクチー入りのバケット、パクチージェノベーゼ、パクチーたっぷりペペロンチーノが特に美味しかったです!

普段はパクチー全く関係ないお店みたいですが、たまにこういうイベントをやっているのだとか。

店長はじめ、スタッフの方がみな気さくで良い雰囲気でした(^^)


和歌山での土産はなかなか美味しいもの揃いです。

和歌山といえば南紀白浜。その紀中から白浜温泉でよく見かけた美味しいお土産をご紹介したいと思います。
最初はザ・白浜のお土産、かげろうです。パッケージも紅白でおめでたく個別包装でサイズの展開も豊富です。一口サイズでふわっとした最中のような生地。上品な甘さでエレガントです。王道のお土産でご年配の方々の受けも良いでしょう。

梅サブレは土産の中でも和歌山らしいです。その名の通り梅が練り込まれたサブレ。酸っぱ過ぎずサブレの甘さの中にちょっと主張する梅干し。違和感はありませんし、美味しく食べられます。梅干しや梅味のお土産もありますが、たくさんの人に配ったり、若い子の話のネタにするにはぴったりだと思います。
パルファンはよく旅館のお茶請けになっています。薄い炭酸せんべいに色んな味のクリームが挟まれています。味はよくあるようなお菓子なので想像しやすいと思いますが旅館にあるからそのまま持って帰る人が多いです。

とれとれ市場の佃煮コーナーに売られているごった煮もオススメです。600円程で様々な魚の佃煮がたっぷり入っています。かなり甘めの味付けですがご飯に合わせると箸が止まりません。とれとれ市場の佃煮コーナーは試食がたくさんあるので味わってから購入できるのがありがたいです。
御坊市にあるパンとケーキのお店、ボナペティヤナギヤのエッグタルトは最近難波でも出張店舗で販売されています。エッグタルトといえば甘いカスタードのような味ですが、ヤナギヤのエッグタルトは甘さ控えめ。卵の風味がしっかり味わえます。

ずばり有田みかんもオススメです。ちゃんとした箱入りはもちろんですが、和歌山の道路を走っていると道端でも無人販売所で売られています。安いし、たくさん入っています。箱入りに比べると美しさはかけるかもしれませんが、味はどれも甘いです。冬になると山のみかんの木がたわわに実って風情があります。
是非和歌山に来られた際はたくさんの美味しいものを召し上がってください。


寒い冬を乗り切るためのダウン探し

11月にさしかかって本格的に寒くなってきました。
衣替えをしたのですが、まさか秋冬で着る服が上下合わせて6着くらいしかありませんでした。
毎年趣味が変わってしまうのか季節が終わるたびに服を売っていたせいで薄手の服しか手元になくて困ります。
早く新しい服が欲しいのですが、アウターや靴など夏より金額が上がるので買うのも慎重になってしまいます。

この前アウターを何か買おうとショッピングに行きました。皆さんは今年のアウターもう選ばれましたか?
寒いのがとても苦手で暖かいものがどうしても欲しくて、今まで着たことのないダウンを見に行きました。
まずカナダグースを試着、着ている人を見るとかわいいと思うのですが私が着る何か違う。
私自身がたいがいいので、サイズがぴったりだとごつくなってしまうというか私が痩せればの問題ですね。
でも暖かくて薄手のカットソーだけでも暑くなりました。流石です。

同じくダウンでヘルノを試着、価格は私にはまだ手が出せないのですが触り心地がよかったです。
ゴアテックスを使っているものもあればカシミアのものもあったり、さすが高いだけあります。
シルエットも着てみるとウエストが絞ってあるというかくびれていて女性らしいデザインでした。
ちなみに今までダウンのふわふわな雰囲気が苦手だったのですが、全部がダウンのデザインではなくてコートにフードやアームがちょっとダウンのデザインになっているものもあって可愛かったです。

ちなみにモンクレールはちょっとお店の敷居が高くて入れず断念……。
カナダグースとヘルノはセレクトショップの中だったので、この二つが敷居が高くないわけではありませんよ!

今回色々と試着してみて、ダウンはダウンでも着てみるとブランドごとに特徴やデザインが変わるなあと実感しました。
ゴアテックスとかダウン95パーセント使っているとか、寒さをしのぐ単語がひかれます。
別にブランドでなくてもとも思うのですが、やはり使っている素材が番うと暖かさも違う気がします。

今年こそは暖かく外に出たくなるアウターが欲しいです。
fashion_trench_coat


金属の皮膜工場での設備投資

実家で父がやっている金属の皮膜工場で働いています。
もう10年目でようやく現場の仕事もわかってきて、私はどちらかというと事務方に回ることが多くなりました。
時代が変わり、環境問題もバランス良く考えないと事業を続けられないようになってきていて、私はそういった工場の設備周りを導入、保守をしていく部分を任されています。

そんな中で最近見直したのが排水処理です。
皮膜工場では鉄へのメッキを施す過程で大量の水とメッキの液剤を使用します。
排水するまでの工程で水と液剤を分離するのですが、25年以上前の装置では分離の過程で非常にコストがかかっています。
これまでの装置ではこれが技術的に限界だったそうです。
でも最近では使用した液剤を回収し、さらにその液剤をリサイクル活用して、最終的に同様の排水処理ができる装置があるということを知りました。
これをウチの工場でも導入できないかの検討を始めました。

早速その会社との打ち合わせをしました。
僕が見つけた資料は同様の小規模工場でも採用例があり好評だということでした。
これまでの排水の過程では水は綺麗に出来るものの産業廃棄物に関してはモノを作れば作るほど増えてしまう状態でした。
私の会社では産業廃棄物の処理費用が年々増えていて、このリサイクルは魅力的でした。
早速導入を決め、設置をお願いしました。
導入費用はかなりかかりましたが、産業廃棄物はかなりの削減になり、処理コストもかなりの削減が見込めます。
何より排水、産廃の環境に配慮した事業が出来るということを父も従業員の人たちも喜んでくれました。

これからの工場は良いモノを作ることだけではなく、環境に優しい事業にしていかないといけません。
今は会社の利益はまず設備投資へ第一に回そうとしています。
従業員の人に回せれば一番良いんですけどね・・。
でもこういった社会貢献が評価されれば受注も増えるし、事業規模も拡大できます。
設備投資と従業員の人たちへの還元をこれからもバランス良くやっていきたいと思います。


スポンサーリンク