シックハウスと聞くと

スポンサーリンク

シックハウスと言う言葉を聞くと「シックハウス症候群」を連想します。 シックハウスとは、建材等から発生する化学物質などによる室内空気汚染等のこと で、それによる健康影響を「シックハウス症候群」と言います。 そもそもシックハウスとは、最近の住宅が高気密化が進んだことで、化学物質が外へ 換気されないことが原因です。ということは、昔の家、特に戸建ての場合は風通しが いいのでシックハウスとは無縁だったのでしょうかね?   あとは、高断熱化によって湿気を保たれるようになり、カビや細菌、ダニなどが繁殖 しやすくなります。さらに石油・ガスストーブなどからの一酸化炭素、二酸化炭素な どの化学物質、たばこなどからの有害物質など、それらのことも、シックハウス症候 群の原因となります。 シックハウス症候群の症状としては、鼻水、喉の渇き、吐き気、頭痛、湿疹、そして 目がチカチカする、などその症状は人によって様々です。また、影響の受け方も様々 で、同じ部屋にいても症状の出る人と何も感じない人がいます。   一種のアレルギーなのでしょうが、建材からの発生する化学物質が原因では、その家 に住んでいる限り症状は改善することはありません。いくら掃除をしても、カビやダ ニに気を付けても、シックハウス症候群の症状は治まりません。 また、建物以外にも家具からも化学物質が発生していることもあります。   リフォームや新築の家を建てる時は、業者との話し合いの場をきちんと設けこちら側 の希望をしっかりと伝えることが大切ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。