rei 一覧

スポンサーリンク

お酒が大好きな私は最近ウイスキー

私はお酒が大好きです 、 飲むときは朝から飲んでしまいます。

そしてまた夜も飲むという生活をします ですから非常にお金がかかるんですね。 缶買うようになるとお金がかかりますね ウイスキーは 瓶で買って 自分で割って飲んでいます。 映画を見ながらお酒を飲んだりすることが多いんですけど、 ウイスキーは すっきりと切れ味が良くて 特に ジャックダニエルが好きなんですけど 、ジャックダニエルは ハイボールにしても美味しいです。 ジャックダニエルハイボールなんて邪道だという方もいらっしゃるかもしれませんが 邪道なほど美味しいものなのです。

番外編として コーヒー牛乳で割るという不思議な飲み方もしますけど 牛乳で割るというのは結構 盛んで イギリスではカウボーイウイスキーと呼ばれているそうですね 。 カクテルのようなものですね 、 まろやかになって非常に胃にも優しいしおいしいです 。ですから ウイスキーは私にとって神が与えた魔法の水です。 これからまた飲もうと思ってるんですけどつまみはスモークサーモンとか 、 カルパスとかですね しょっぱいものがあいます。

やはり 、チョコレートはウイスキーにはありません 。 どちらかというとチョコレートがつまみにあうのはブランデーですね。 なぜなら原料が違うからだと思います ウイスキーは 、 穀物からできているのですから 、 ブランデーは 果物からできていますね。 私はウイスキーが非常に大好きなのです 。 ウイスキーは炭酸ではあったりストレートで飲んだりロックで 飲んだり様々な飲み方をしますけど 最近はもっぱらハイボールですね 。 次の日にも残らないしすっきりと酔って気持ちよく酔った後すぐ睡眠に入れるので熟睡して次の日さっぱりする感覚が好きです。

ウイスキーは料理に合わないと言われていますが 個人的には焼肉を食べたり焼き鳥を食べたりしている時もありだなと思っております。 本当に美味しいウイスキーを飲んだことはないかもしれませんが私は飲んでるウイスキーは結構気に入ってます 。


ジャズバーは1人の時間をゆっくりと過ごすことができます

気分転換にジャズバーへ行くことがありますが、ひっそりとした空間の中でジャズの曲を楽しみながら、美味しい食事を食べながらお酒を飲んだりすることができ、一人の時間を過ごせるため、趣味の1つとして今もジャズバーへ行くことがあったりします。

ジャズバーの良いところは静かかつ独特な雰囲気の中でジャズのミュージックを聞きながら、ゆっくりとした時間を過ごすことができつつ、店舗に来た人たちともコミュニケーションをとれたりするので友人また知り合いとかもつくれるようになっています。

たまに通っているジャズバーについては女性でも入りやすいように設備もしっかりとしていて、従業員の人たちにも女性スタッフもいたりするため、安心できる部分があったりします。

飲料や料理とかも安かったりすることが多く、お酒とかも色々な銘柄が用意されているため、気分によってかえることもでき、良い雰囲気の中でひっそりと過ごすことができます。ジャズの演奏とかも生で見ることができたりするところなので、ちょっとしたコンサートもあったりと、来店した人たちを色々と喜ばせてくれる企画も用意してくれております。

幅広い年齢層の人たちが訪れるため、コミュニケーションをとれる良い場所でもあり、ジャズの魅力を教えてもらったり、ジャズの歴史とかも話をしてくれる方がいるので、毎回様々な話を聞くことができるのも良い部分となっています。

たまに通っているジャズバーは営業時間帯も長めなところなので、仕事帰りによったり、休みの日に気軽に行ける場所となっているため、店舗側も利用者たちのニーズをしっかりと考えてくれております。

駅から近いというのもあって通いやすい環境となっていて、1人で行くことが多いですが、友人とかを連れて店舗へ行くこともあったりするので、通うジャズバーの魅力を教えてあげたりしております。ジャズバーに行きはじめたきっかけに関しては、職場の人に教えてもらったのが理由であり、最初のうちは連れていってもらったことが多かったですが、ジャズバーの魅力に惹かれてからは1人でいき始めるようになり、今に至るといった感じであります。

忙しい日々を過ごし、ストレスが溜まることが多かったですがジャズバーに通いはじめてから、リフレッシュすることができ、ストレスをあまり感じない生活をすることができ、店舗に来る常連の人たちの中にも色々と悩みなどを抱えている人たちも来るので、お互いに苦労話をしながら、相談をしつつ、アドバイスとかも得ていたりします。

このようにジャズバーは幅広い年齢層の人たちが集まる場所となっているので、大人の憩いの場としてもよく、友人とか知人もつくれるようになるのでメリットもあります。

ジャズバーで最近知り合って友人になった女性の方も私と似たような理由からジャズバーに通うようになったと話していて、今も連絡を取り合いながら、たまにあって買い物や食事などをしながら交流を深めていたりします。

https://boya-nara.com/


ジャズバーにデビューした私です

この前何とジャズバーデビューしてきちゃいました!

え、お酒飲むの?とか一人で行くのドキドキしちゃうと思っていましたが、行ってみたらなんだか落ち着いちゃいました。

ジャズを楽しみながらご飯やお酒を楽しむなんて、なんだか大人になった気分でした。

バーっていうだけで緊張していたけれど、オシャレなカウンターレストランだったようなイメージと言えば伝わりやすいかな。

しかも私、「一人」でジャズバーデビューしちゃいました。

でも一人で行って良かったと思っています。

誰にも邪魔されない心地よいゆったりした時間を味わえたのですから。

初めてで戸惑う私を店員さんがカウンターに呼んでくれ、おしゃべりの相手をしてくれました。

何もわからなかった私に、オススメの料理や、お酒の好みなども合わせてもらってなんだか特別な気分です。

「これはどんなお酒を使ってるんだよ」などと分かりやすく説明してくれました。

お酒の好きな私はそれだけでもワクワク、そこへ素敵な音楽が聞こえてきました。

そうそれがジャズだったのです。

あの方の名前覚えておけば良かったーというのが今回の反省点です。

聞き惚れてしまってお酒も入ってほろ酔い気分だったのでそこは許してください。

金額はというと、ミュージックチャージというもので大体2500円だったかな?

それと飲食代がプラスだったので私は5000円くらいでした。

有名なアーティストさんが来ることもあるらしく、その時はミュージックチャージは少しお値段が上がるそうです。

でもあの心地よい空間を味わえるのならまた絶対行きたい!

正直言ってそんなにジャズに詳しくない私でもこんなにも楽しめたのですから、もとからジャズに興味ある方にとっては天国かもしれませんね。

優しい店員さんのおかげで初めてでも安心して楽しむことが出来ました。

他にもジャズは種類がたくさんあるようなので次はどんな曲に出会えるのかが、今から楽しみです。

女子一人で行くのが心配、そう思ってたのも帰る直前はもうちょっといたいと思ったくらいでした。

ナンパとかあるのかな、とちょっとドキドキしていたのにそれがなかったのは安心なのかちょっぴり期待している自分がいたのか…

そもそもバーって一人で飲むところですものね。

一人で行ってカナリ優雅で心地よい時間を味わうことが出来たので、大満足です!

今度は友達を誘ってみても良いかな、他のお店にも行ってみたいなと俄然興味が湧いてきました。

お酒も音楽も好きなので、少しはジャズのこと勉強していってみようかな、それともその場で新しい音楽を楽しむのもアリだな。

今からそんな妄想までしてしまっている私、完全にジャズバーにはまってしまいました。

大好きって言っても過言じゃないかもしれません。

そこで行くのに悩んでるあなた、是非ともこの素晴らしきジャズバーに飛び込んでみて下さい。

私は本当に楽しかったジャズバーデビューでした!

きっとすぐにまた行くんだろうな…


シックハウスと聞くと

シックハウスと言う言葉を聞くと「シックハウス症候群」を連想します。 シックハウスとは、建材等から発生する化学物質などによる室内空気汚染等のこと で、それによる健康影響を「シックハウス症候群」と言います。 そもそもシックハウスとは、最近の住宅が高気密化が進んだことで、化学物質が外へ 換気されないことが原因です。ということは、昔の家、特に戸建ての場合は風通しが いいのでシックハウスとは無縁だったのでしょうかね?   あとは、高断熱化によって湿気を保たれるようになり、カビや細菌、ダニなどが繁殖 しやすくなります。さらに石油・ガスストーブなどからの一酸化炭素、二酸化炭素な どの化学物質、たばこなどからの有害物質など、それらのことも、シックハウス症候 群の原因となります。 シックハウス症候群の症状としては、鼻水、喉の渇き、吐き気、頭痛、湿疹、そして 目がチカチカする、などその症状は人によって様々です。また、影響の受け方も様々 で、同じ部屋にいても症状の出る人と何も感じない人がいます。   一種のアレルギーなのでしょうが、建材からの発生する化学物質が原因では、その家 に住んでいる限り症状は改善することはありません。いくら掃除をしても、カビやダ ニに気を付けても、シックハウス症候群の症状は治まりません。 また、建物以外にも家具からも化学物質が発生していることもあります。   リフォームや新築の家を建てる時は、業者との話し合いの場をきちんと設けこちら側 の希望をしっかりと伝えることが大切ですね。


外構工事は家族のライフスタイルを考えてから実績のある会社に相談するのがおすす め

一戸建てを建てる時に、建物内の内装やお家自体の外観にこだわる人は多いでしょう。
しかし、お家の外側で行う外構工事については、あまり色々と考えずに雑に決めてしまう場合も少なくないのではないでしょうか。
外構工事はお家の外側の敷地内にある塀や門扉、カーポートなどに関する工事のことです。
外構工事には、駐車スペースやお庭、家の敷地を囲むフェンスといった、生活をしていく上で重要な役割を果たす部分の工事が含まれているので、これから一戸建てを建てる人は外構工事のこともきちんと考えておくのがおすすめです。

そうしないと、後で使いにくい外構ができあがってしまい、不満を感じながら生活するという事態にもなりかねないからです。
外構工事を行う時期は、お家を建てている時期と並行して行う場合や、建物ができあがってから行う場合など、色々なケースがあります。
人によっては、建物の本体を工務店に建ててもらうだけで予算がギリギリになってしまい、外構工事は基本的な部分だけを工事してもらい、後は余裕が出てきてから依頼しようと考える場合もあるようです。

その場合でも、車を敷地内に停めたい人は駐車スペースを作ってもらうことが必要になりますし、フェンスや壁を設置して敷地とそれ以外を区切るようにしないと、よその人が勝手に入ってきてしまう可能性もあるため、そのような工事も必要でしょう。
外構工事について計画を立てる時は、見た目の良さや工事にかかる費用だけでなく、機能性や防犯性など様々な面から考えていくことが大切になります。

外構工事での失敗例としては、見た目の良さを重視して選んだ結果、門からお家まで続く通路に滑りやすいタイルを敷いてしまったというものがあります。
雨が降ったり水をまいた時に滑りやすくなるタイルや石を敷いてしまうと、お家の敷地内で転んでケガをするという事故が起こる恐れもありますから、気を付けた方が良いでしょう。
ご家族にお年寄りがいる場合は、玄関までのアプローチに階段を使わずスロープにしておくといった外構工事をしておくと、足が悪くなってからも安全に暮らせます。

また、駐車スペースは失敗しやすいポイントで、将来もっと大きな車に変えたいといった希望があるなら大きめに作っておくべきですし、道路へ出やすい位置に設置することも大切です。
他にも、敷地内と外を分けるための壁やフェンスは、外から家の中が見られてしまわないようにほどよく目隠しができるように設置したいものですが、外から全く敷地内が見えないようにした場合は空き巣などに狙われないように気を付ける必要があるといった面もあります。
それ以外に、敷地内に木を植えたり植物を植えて素敵な庭づくりを楽しみたいという人もいるでしょうが、そういった工事も外構工事を行う会社に相談できます。

庭を作りたい場合は、暮らし始めてから雑草を抜くのに手間がかかって疲れてしまったという失敗も多いので、後悔しないように十分計画を練ることをおすすめします。
庭の草取りを避けたいという場合、外構工事を行う時に雑草が生えにくくなる防草シートと砂利を敷いてもらうという方法や、コンクリートを敷くなどの方法が利用できます。

外構工事については、専門的に行っている会社もあるため、ご家族のライフスタイルに合う外構を作るためによく相談すると良いでしょう。
色々なお家で外構工事を行ってきた実績のある会社に相談すれば、ご家族の希望に沿った外構について良い提案が受けられることが期待できます。

また、外構工事でもリフォームを行う人は多いので、現在暮らしているお家の敷地内で困っている点があればリフォーム工事をしてもっと快適に暮らせるお家にしてはいかがでしょうか。


京都で舞妓さん体験をおススメします♪


先日、学生時代の友人と京都旅行へ行った際に憧れの「舞妓さん体験」に初挑戦してきました!
事前にインターネットで検索して、自分達の希望や予算に合うお店を探して予約を入れました。
当日に飛び込みNGなお店も多いようなので注意が必要です。
また、舞妓さん衣装のまま散策出来たり、名所で写真撮影して貰えたり、着物やかつらを自分の好みで選べたり…様々なサービスと料金がお店によって違うので候補を絞り、よく検討するとイメージ通りの舞妓さん姿になれますよ♪

私達は「かつら、着物を自分で選べる・施設内で撮影し、その場でプリント写真を貰える・体験しない子も一緒に入って、自分達のカメラで自由に記念撮影出来る」を条件で探して、祇園にあるお店に決めました。
電話予約の際に「舞妓メイクをするので、すっぴんorメイク落としを持参する・体験後のメイク落とし&洗顔フォームはよく落ちる物にする・着物に着替えやすいTシャツなどを着てくること」と、必要事項を教えてもらいました。

当日は友人3名が体験、2名は見学でいざお店へ★…若い女の子達で大賑わいでした!
体験組は更衣室へ案内され、好きなかつらと着物を選びます。
大人っぽい芸子さん風や、華やかで可愛らしい舞妓さんの着物がズラッと並びテンション上がります♪
私は朱色・友人は藤色と黒色を選びました。
かつらは頭のサイズを見ながら、かんざしも色々な種類がありました。
自分が選んだ物をスタッフさんに伝え、洗面台でメイクを落とし、Tシャツになり着付け部屋へ移動します。

長じゅばんをつけてもらい、髪の毛をまとめてネットを被るといよいよ舞妓さんメイクです!スタッフさんがテキパキと白いおしろいを刷毛で塗り、眉を書き、紅をさし、かつらを被って…あっという間に出来上がりました。
襟足や首周りまでしっかり塗ってくれます。
おしろいはヒヤッとしてとても冷たかったです。
着物と帯も熟練スタッフさんが次々と着せてくれ、流れるように30分程で準備完了しスムーズな対応に驚きました。

友人達と写真撮影スタジオで対面すると…スッカリ別人の舞妓さん姿に、皆で感動して自画自賛し合いました★(笑)
カメラマンさんが、自分だけのピンと友人揃っての集合写真と2カット撮影してくれました。
小道具に扇子を貸してくれたり、キレイに見える視線の方向やポーズを教えてくれたので、かなり本格的な写真が出来上がりました!
その後、自由撮影コーナーで見学組の友人と合流し皆で記念撮影をしました。
この時も、小道具を借りれたりキレイな着物や帯が展示してある前で撮ることが出来、見学組の子達も楽しそうでした。

より舞妓さんぽく写るポイントは「手を着物の袖に入れて見えないようにする・歯を出して笑わずに微笑むだけ」だと思いました。
おしろいを手には塗らないので、隠した方がキレイですし、歯も肌が真っ白なのでホワイトニングをバッチリしている人でないと目立つので要注意です!
更衣室へ戻ると一気にババッと脱いで外して、舞妓さんのメイク落としにかかりますが…かなり時間がかかりました。
襟足や生え際も、人にチェックしてもらわないと難しいです。
着物とかつらが重くて汗をかくので「汗拭きシート」を持参するのがおススメです。

最後に受付で写真を受け取り、お会計で終了です。
写真は見開きの台紙に貼って渡してくれました。
料金は全て込みで7,000円、全員大満足の納得料金です★(見学は無料)体験時間は2時間位でした。
思ったことは「舞妓さんは毎日あんなに重いかつらと着物と、しっかりメイクで仕事をしてお客様を喜ばせて…本当にすごいなぁ。。」と、華やかで憧れていた世界の大変さが少しだけ見えた気がしました。
でもそれ以上に、可愛い舞妓さんに変身出来る非日常な体験を、ぜひぜひ京都で女の子みんなにチャレンジしてもらいたいです♪
この時間だけ仕草や話し方も、はんなりおしとやかになれますよ★


因果応報になるような行動は気を付けたいものです

先日、久しぶりに外食をしました。
何もしないで食事が用意されることは、外食以外ではほとんどありません。
それだけでも十分有り難いことだと思ってしまいます。
せめて片付ける人の立場に立って、食べた後の箸やお手拭きなどをキレイに揃えておこうと思いました。

しかし、一緒に行った家族は特にそういったことにはお構いなしです。
私がキレイに片付けていると、外食だからそこまでしなくてはいいというようなことを言っていました。
普段から片付けをしていない人は、片付ける人の気持ちが理解できないのかもしれません。
どうせ片付けるのだから、散らかっていてもいいし、そのためにお金を払っているのだというくらいの気持ちなのかもしれません。
しかし、お金を払っているとか、お客だからという立場は抜きにして、人として最低限のマナーは守ったほうが良いと思いました。

世の中にはいろいろな人がいて、自分とは違う意識で生活している人がたくさんいます。
どれが正しくて、どれが正しくないということは一概には言えませんし、線を引くこともできません。
ですが、お客だからと言って横柄な態度を取るのは良くないと思います。
それは決してスマートなお客とは言えないと思いました。
一昔前なら、お酒を飲んだ席では無礼講で何をやっても良いという時代もありました。
また、旅の恥はかき捨てで、旅先なら何をやっても許されるようなこともありました。
ですが、今はどんな時でもマナー違反は許されないことが多く、それがパワハラやモラハラと言われるようになりました。

時代が変わっても、相変わらずマナー違反を無礼講だと言ってやっている人もいます。
年配者の場合は仕方がないと諦めてしまうこともあります。
その為、時には「老害」と言われてしまっても仕方がないことなのかもしれません。
マナーは時代とともに変わっていくのだと思います。
この先、私が高齢者になった頃、今とは一般的なマナーもさらに変わっていくのだと思います。
誰かが泣き寝入りをして我慢していたマナー違反も、今後はなくなっていくのかもしれません。
いろいろなことが変わる中で、全く変わらずに、昔のマナーのまま過ごしている人たちもいます。
それはジェネレーションギャップとも言えるかもしれません。

また、親世代が許されていたマナー違反だから、子供世代もやっても良いと思っている人たちもいます。
今まではそれでも何とか世の中が回ってきたかもしれませんが、今後はそれができるかどうかもわかりません。
これからは新しい時代を生きる人たちの価値観で世の中が作られていきます。
古くて横柄な態度をいつまでも取り続けているような人は、ますます煙たがられてしまうでしょう。
高齢者になってみないとわからないことですが、もしかしたら、その年代の人なりに自分たちを主張し続けているのかもしれません。
子供じみたやり方かもしれませんが、それをやることによって、自分の存在価値を認めてもらいたいという潜在四季の現れなのかもしれません。
できれば相手に残念な人だというレッテルを貼られるような人にならないためにも、相手の嫌がることはできるだけしないようにしたいものです。

自分くらいは何をやっても平気、という考えでは、いつかはその罰が当たってしまうでしょう。
因果応報を考えると、やはりできるだけ人様の迷惑にならないように気をつけたいと思ってしまいます。
それは結局、自分の為でもあり、傍若無人な振る舞いは自分自身を苦しめていくことに繋がると思います。
本当に賢い人ならば、年齢に関係なく、先のことを見込んだ行動を取ることができるでしょう。
これからも良い行いをして、自分の将来が良くなるように努めていきたいと思っています。


なんじゃこりゃって思ったドラマ

最近ドラマはあまり見なくなったのですが、今、毎週楽しみにしているドラマが一つあります。
小泉今日子さんが出ている「監獄のお姫様」です。

はじめCMでこのドラマの宣伝を見たとき、こんなに主演をはる女優さんばっかりのドラマって、どうなんだろうって思ってたんです。
正直、一人の主演女優に対して男性俳優さんを2、3人ぐらいの構成がバランスがいいんじゃないかなって思ってたんです。
明らかに、知名度も演技力も高い豪華な女優さんがこんなに出たらバランス悪くて面白くなくなるんじゃないかなと思ったんです。
それに私は若手のイケメン俳優が出るドラマが好みだったりするので、伊勢谷友介さんは好きだけれど、もう少しフレッシュな初々しいイケメンがもっと見たいなというのが本音でした。

それに刑務所が舞台だからしんみりしてたり、シリアスなドラマなのかなって思ってみたり、でも監獄って書いてるのに女優の人たちは赤いドレスを着てるし意味が分からないなって思ってたんです。

だけど、テレビをつけたままにしていて、なんとなくこのドラマがかかっていたので見てみたら面白くて想定外でしたね。
で、よく見たら脚本が宮藤官九郎さんだったのでなるほどなと納得しましたね。
宮藤官九郎さんのドラマって前々から好きでみてたのですが、なんというかストーリーがぶっ飛んでますよね。
セリフも面白いし、なにしろ宮藤官九郎さんのドラマってテンポもよくて笑っちゃう場面も多いし、独特な色がありますよね。
このドラマでも、小泉今日子さんのことをおばさんって呼ぶ場面も多いしびっくりしましたよ。
また、満島ひかりさんの無表情で怒鳴るシーンとかたくさんあるんですが、ストーリがいいのでただ怖い刑務官ってなっていなくてどの登場人物もしっかりしたキャラでぶれないですね。

それに、ちょいちょい小ネタ言うか笑わせてくれる場面が多いですよね。
笑わすって凄く難しいことなのに、宮藤官九郎さんてそれができる人なんですよね。
本当に尊敬しちゃいます。


ホテルでのフラワーコーディネーターのお仕事

フラワースクールで花の資格を取り、ホテルのフラワーコーディネーターとしての就職も決まって今仕事が充実しています。

元々は花屋で働いていました。
花屋でのスタッフからもアレンジを教えていただいて少しずつ自信をつけていきました。
働き始めて3年半。
花屋の本業の仕入れ、販売よりもアレンジの魅力に取り憑かれ、次第にもっと技術とセンスを磨きたいと思うようになっていました。
先輩も「そういう気持ちには素直に従って行動を起こした方がいいよ」と言ってくださいました。

そんな時に見つけたのが花の資格であるNFD資格認定試験を取得できて、尚且つ講義の中で実際の現場でコーディネートもさせてもらえるというコースを見つけました。

花屋の店長さんに相談し、時間の調整も快く応じて頂けました。
先輩方のフォローもあり、講義に集中できる環境を作っていただきました。
通っていたフラワースクールでは有名な先生が講師として実際に教えていただけるというすごく実践的な講義が受けられました。
講義後もいろんなアレンジのコツや仕事に付くためのアドバイスも受けられて、本気で仕事に打ち込みたいという気持ちが強くなりました。

3級から2級、1級と順調に取得していき、ホテルの現場などにもスクールの数人で研修と実践をさせていただけました。
この時のホテルとのご縁が今の就職に繋がっていることを思うと、本当にこのフラワースクールに通って技術やセンスを有名な先生の講義を受けてセンスを磨けたことがこの仕事に付けたきっかけになりました。

花屋のみなさんも今後の私の仕事を応援してくださって、快く花屋を卒業することを認めてくださいました。
今ではさらに技術やセンスを磨いて新しい仕事に打ち込んでいます。


娘の成長に合わせて無農薬米を取り入れる事にしました

去年、娘が生まれてから離乳食期には娘の口に入るものに関してはできるだけ気を遣い、天然のものや無農薬のもの、国産品などを使用するようにしていたのですが…最近では娘ももう大人と殆ど同じような食事を好むようになり、食事の内容を同じにすることが増えてきたので我が家でもそろそろ大人用のものも体に良いものに変えていこうという事になりました。

そこで初めに気をつけ出したのが、野菜類です。
過去にマクロビオテックを少しだけかじったことがあったので、その知識を活用しつつ野菜の処理の仕方などから改善に取り掛かりました。
そして次に必要なのはやはり主食となる「お米」ですよね。
マクロビといえば玄米食が基本なので、本来ならば無農薬の玄米を選択すべきなのかもしれませんがただでさえ最近、米食に難色を示しておかずしかまともに食べてくれない娘がましてや玄米を食べてくれるとも思えないのでまずは「無農薬米」というカテゴリーに絞ってお米選びをする事になりました。

私自身は兄弟が多く、両親もいちいち子供に合わせてられなかった部分もあったようで小さい頃から喘息やアレルギーが酷くて、成人してから自分で食事をするようになって無農薬のものや健康に気を使った素材選びを心がけるようになったのですがやはりそれはとても大切な事らしく、まだまだ名残はあるにせよ随分アレルギー症状も軽くなったので娘には早いうちからできるだけ体に良いものを食べさせてあげたいなという思いを込めて。

よく、無農薬のものは素材に農薬が残る事もないので体内に有害なものが入らないと言われていますのでまぁ、この時代に生きていて完全に安全なものだけを摂取するのは無理だとしても、主食であるお米を無農薬にするだけでも効果は高いと思います。

注文は、米袋が重たいので最近はいつもネット通販を利用しているのですがこれまた無農薬米と言っても価格もお手頃で種類もとても豊富!

せっかくなので、ランキングで人気のものからいくつか順番に試してみる事にします。
無農薬米は、炊いた時のふっくら感とお米そのものの味わいが随分美味しいと、全く舌の肥えていない私でもわかるくらい違うので、これを機に娘が米食を好きになってくれたら嬉しいな。


スポンサーリンク