歯科に行かない人は珍しいらしい

スポンサーリンク

もう結構な年になりますが、今までに歯科にいったことというのが数える限りしかありません。乳歯の頃に一回か二回ほど、虫歯で通ったことがある程度です。

それ以来は一度も行っていません。

どうやら虫歯になりにくい体質のようで、それがあって小学生の頃は表彰されたりもしたそうです。

大人になってから知ったのですが、どうやら小さな頃に母親にべたべたされなかったのが良かったそうなんです。

べたべたされると口から虫歯を繁殖させるような細菌がうつってしまうのだそうです。

わたしにはその細菌がいないか、少ないんですね。

ちょっと複雑な思いもありますが両親のおかげです。

そんなこんなでわたしには歯科に通わなければならない苦しさというようなものが良くわかりません。

よく歯科にいくのが嫌で嫌でたまらないという人がいますが、そういう人たちの気持ちがわからないのです。

また、ほぼ行ったことがないに等しいのでどのようなことをされるのかわからずに、そういった話になるとついていけなくなってしまいます。

口を開けてあーんとしてる間にドリルで穴を開けるという程度のイメージしかありませんからね。

そこでどのような葛藤があるのかとか、苦悩があるのかというところまでは経験がないから導き出せないのです。

そういうときにちょっと寂しくなってしまいますね。

みんなは経験していて自分だけ経験していないことがあるということはそういうことなのだなとポツリとしてしまいます。

でもまあ、そんな経験ないほうが良いのでしょうけれどもね。

逆にわたしの話をすることによって話が盛り上がることもあるのが救いですね。

みんな歯科にほとんど行った経験がないというと驚くんですよね。

普通は定期的に通うものだという風に思っているみたいなんです。

わたしから言わせてみればそっちの方がおかしいのですが、ともかく世間一般的な認識ではそうらしいんです。

ですので、わたしみたいな人は珍しいらしくそういった話をしてみると色々と聞かれたりします。

でも一度は検診で診てもらいたいと思って近場の中百舌鳥で歯科、歯医者を少し探してます


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加