中高年はナチュラリスト

スポンサーリンク

健康志向な都会の人は、無農薬のお米や玄米に(^^♪目がないそうです。
たしかに自分の健康を守るのは自分しかいませんから、体に良いとされているものを摂取したい気持ちは分かります。

しかし農家でもなかなか、無農薬のお米や玄米を専門にやってるところは(ーー;)少ないです。
リスクが高いので、害虫などの被害が懸念されるせいです。
なので、いくつかある田んぼのひとつで無農薬のお米や玄米を栽培しているところが多いです。

美味しい野菜を食べたいように主食であるお米も無農薬というのに、こだわりたくなるのは(*^^)v理解できます。
とくに大病をしたあとなどは、目覚めたように健康食に執着する人もいます。

無農薬米の販売サイトで、生産者の顏も見れるおすすめのサイトはこちらです → https://gensenmai.com/

なにごとも程々にの精神が大切だと思いますが、それだけ病気というのは考え方を変化させてしまうということかもしれませんね。

他にはマクロビオティック推奨者などは、みんなこうした無農薬に強い愛着を持っています。
日本はとくに主食が米なので、マクロビオティックをやっている人らは米や玄米の中身に(;一_一)厳しい目を持っています。

スーパーなどでも無農薬の穀類は見かけますが、破格に高いという印象です。
虫食いなど生じやすい無農薬の中で、綺麗で整った粒を有するものを消費者が求めるからかもしれません。

農家の人もかなり努力していると思います。
でもリターンも大きい分野だと思うので、参入するにはいいかもしれないですね。

杏林予防医学研究所所長 山田 豊文氏が監修のファスティングドリンクは
【 BIO Berry Fast(ビオベリーファースト) 】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加