いただき物で、季節の移り変わりが分かります。

スポンサーリンク

田舎の小さな町に住んでいる私のところは、季節の移り変わりが良く分かります。

回りも田畑が多く、ご近所にも農家の方が多いです。

その為、季節ごとに旬の野菜などをいただく事もよくあります。

毎年春になるとタケノコをもらいます。

旬のタケノコは柔らかく、くせも無いので本当に美味しいです

しかし、このタケノコをいろいろな方々からもらうのです。

ご近所の方や、知り合いの方が持って来てくれるのです。

なかには、友人からたくさんもらったので、

おすそ分けとして届けてれる方もいます。

タケノコで台所はいっぱいになります。

鮮度が落ちないうちに早く食べようと思い、

しばらくはタケノコ料理ばかり続きます。

食べる家族はちょっと大変ですが、これも、

季節を感じる事の一つです

冬になると今度は、白菜をたくさんもらいます

ご近所の農家の方々が、JAなどに出荷できない、

ちょっとキズのある白菜を持って来てくれます。

もちろん食べるには何の問題もないので、

ありがたくいただきます。

これもいろいろな方々からいただくので、

台所は白菜の山です。

冬の白菜は日持ちがするのですが、

やはりたくさんあるので白菜を使った料理が続きます。

鍋料理、漬物、味噌汁など使える物には、

どんどん利用します。

家族も白菜が好きなので、喜んで食べてくれます。

本当にいただいた農家の方々には感謝しています。

同じ地域に住んでいるので、環境も同じ。

収穫出来る農産物も同じなので、

いただく物も同じになります。

でもそれが、季節の移り変わりをわかりやすく

してくれて、楽しいです。

hatake


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加