成長の早さに驚くばかり。

スポンサーリンク

今日は、いろいろな高校の生徒が作成したものが展示されている会場へ行ってきました。

理由は娘が作成したニット服が展示されているからです。
娘は現在高校2年生ですが、服飾の専門科に通っています。

この作品は、学校内で行われるファッションショーのために、1年生の終わりごろから2年生の初夏にかけて作成したものです。
そのニット服が選ばれて、今回展示されることになりました。

ファッションショーは本来、3年生だけのものなのですが、被服部に入部している子だけは2年生でも選考会を突破すれば参加できます。
娘も被服部に所属しているのですが、被服部の課題がニットと決まっているので、娘は全身のニット服を作りました。
毛糸は数十玉購入し、すべて手編みで、とても時間をかけて編んでいたのを覚えています。
我が娘ながら、とても編み目がキレイでしたので、3年生の作品と比べても見劣りしないと感じていました。
知識が少ないためか、デザインや工夫面では3年生には勝てませんが、来年のファッションショーでは、今年よりもっと素敵なニット服を編んでくれるのではないかと思います。

3年生では、被服部からの作品として、またニット服を作ります。
それとは別に、3年生は個々で様々な服を作ります。
振袖を作る子もいれば、ウェディングドレスを作る子もいます。
キュートな服を作る子もいれば、シックな服を作る子もいます。
来年のファッションショーもとても楽しみです。
展示会の帰りに、娘と一緒に大きな布屋さんに寄りました。

入学したての頃は、どの生地を選んでいいのかわからなかったり、糸がどこに売っているのかわからなかったりして、買い物にものすごく時間がかかっていたのですが、今はもうどこに何が売っているのかを把握しているようで、とてもスピーディに買い物をしていました。

今度はワンピースの課題があるらしく、楽しそうに布選びをしていました。
チェックは柄合わせが難しいからと今まで避けていたのですが、今回挑戦するようです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。