ついにこの日がキタ!

スポンサーリンク

717e

子育てしている以上、いつか一度はくるとは思っていたけど、
それは予想よりずっと早くやってきました。
そう、小2の息子が朝「学校に行きたくない(-_-;)
と言い出したんです。

親なら誰しも焦るこのシュチエーションですが、
こんな日がいつかくるだろうと予想していたので、
対処法は育児書で予習済み。
まずは親である私が落ち着いて…。
そっか、学校行きたくないんだ
と優しく背中をさすりながら声をかけます。
なんでもこういう時は、
どうしていきたくないの?
と原因を聞き出したりするのはご法度で、
とにかく子供の話に同調するのが一番なんだとか。

ポツリポツリと自ら行きたくない原因を話し出す息子。
いじわるなお友達がしつこく嫌なことを言ってくるから
行きたくないとの事。
そういえば私が初めて親に
学校に行きたくない」といったのはやはり
小学2年生の時でした。

同級生にすっごくいじわるな子がいて、
明日、アンタの背中にザリガニをいれるから!
と宣言されたのが原因。
もう30年以上も昔の事ですが、
あの時の彼女の顔と恐怖ははっきりと覚えています。
(ちなみの彼女は私の心の中のデスノート不動の一位(笑))。

今よりも不登校に理解のなかった時代ですが、
親は私の心情を汲んで休ませてくれました。
それがすごく嬉しかったので、
私もいつか同じシチュエーションになったら迷わず
欠席させてあげようと常々、思っていましたが、
結局、息子は登校することを選びました。

小学2年生とはいえ、
子供なりに毎日いろいろあるんですよね。
こらから先も、”何かあったら一緒に乗り越えて行きたい”
願う母なのでした。(#^.^#)


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加