事故車の買い取りとその5段階の流れ

スポンサーリンク

不動車や事故車の買い取りを行ってもらう流れは、

たいてい次のようになります。

panku_car

まずは買い取りを行ってくれる業者に

対する連絡からですね。

たいていは、主にホームページか電話

買い取りの受け付けをしています。

それで業者に対して車の情報などを

伝える事になるのですが、

前者のホームページで依頼をするような時には、

写真などを添付する事もあります。

つまり事故を起こしてしまった車の

写真撮影をして、まず画像データを作成にします。

それを買い取りの業者に提出する訳ですね。

いわゆるWEB媒体でデータ

提示する事になるのです。

2段階目なのですが、

そのデータを元にした概算金額の提示です。

買い取ってもらう訳ですから、

もちろん業者からは金額を伝えてもらう必要があります。

その大ざっぱな金額を、業者から出してもらう訳ですね。

3段階目としては、業者による実査定です。

査定というのは、車の状態を見てもらう事を指します。

買い取り業者には、必ずと言って良いほど査定士

呼ばれる職業の方々がいらっしゃいます。

その方が事故を起こした車の状態を見て、

どれ位の金額で買い取りができるかを判別する訳ですね。

そして第4段階ですが、ここが最も大切です。

第3段階で状態を確認した査定士の方は、

依頼主の方に対して金額を伝えてくれます。

その判断をする事になるのです。

1つのポイントとしては、即決をしない方が

良いと言われています。

というのも事故車の買い取りを

行っている会社の金額というのは、

各社様々なのですね。

それぞれ金額が異なりますので、

別の所と比較をしている方も多数見られます。

少しでも高く買い取ってもらう為には、

一旦は返事を保留待ちにするのも良いですね。

ちなみにこの第4段階までで何か費用が

発生するような事は、まず有りません

そして最後ですが、

車の引き取りと金額支払いです。

査定をした時に算出された金額が、

ここで支払われる訳ですね。

大抵の買い取り業者は、いわゆる振り込みになります。

たいていは上記のように手続きが進みますが、

業者により若干の微妙な違いはあります。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加