熱圧着や微細加工?

スポンサーリンク

お友達が精密加工の会社に勤めてます。

熱圧着や微細加工などをしいてるそうです。
って、聞いても全くわかりませんでした。
JIS規格による定義
複数の部材を融点以下の適当な温度で圧力を加え密着させて
、塑性変形を起こさせ、双方の清浄面の接触によって接合させる方法。
だ、そうです。

少し検索してみましたが

拡散接合(熱圧着)
ACF(ガラス板とFPC)熱圧着
熱圧着 – 溶接用語
熱圧着ラバーシート
熱圧着加工
微細加工 – ナノテクノロジー
微細加工・超精密加工
難加工・微細加工

などと専門用語?
の、オンパレードでした・・・
う~ん。
ますます分かりません。
(≧0≦)

なんてゆうか、電子部品などの
精密加工工場みたいなものなんでしょうかねえ
よく、NHKの番組とかでやっている
「これぞっ、日本が世界に誇る技術!」

みたいな感じなのでしょうねえ。

このような技術の革新があって
電子部品の発展があるのでしょうね。

そういえば今は、みなさんが持っている携帯電話。(スマホ)
も、昔はとっても大きかったです。

まだまだ、日本にDocomoが無い時代ですが。

どういう仕組なのかは分かりませんが
パソコンで使うハードディスクやメモリも
ここ10年ぐらいで爆発的に容量が大きくなりましたよね。

今では1TB(テラバイト)とか。

Windows95の時代なんぞは
搭載メモリが16MB
搭載ハードディスクの容量が
700MBとかいう時代でしたが、

今やメモリがGB
ハードディスクがTBですよね。

このあたりにもこのような精密加工の技術が生かされているのでしょうか?

nov03_a14
はじめてにやさしい。TSUTAYAのスマホ【TONE】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加