和歌山での土産はなかなか美味しいもの揃いです。

スポンサーリンク

和歌山といえば南紀白浜。その紀中から白浜温泉でよく見かけた美味しいお土産をご紹介したいと思います。
最初はザ・白浜のお土産、かげろうです。パッケージも紅白でおめでたく個別包装でサイズの展開も豊富です。一口サイズでふわっとした最中のような生地。上品な甘さでエレガントです。王道のお土産でご年配の方々の受けも良いでしょう。

梅サブレは土産の中でも和歌山らしいです。その名の通り梅が練り込まれたサブレ。酸っぱ過ぎずサブレの甘さの中にちょっと主張する梅干し。違和感はありませんし、美味しく食べられます。梅干しや梅味のお土産もありますが、たくさんの人に配ったり、若い子の話のネタにするにはぴったりだと思います。
パルファンはよく旅館のお茶請けになっています。薄い炭酸せんべいに色んな味のクリームが挟まれています。味はよくあるようなお菓子なので想像しやすいと思いますが旅館にあるからそのまま持って帰る人が多いです。

とれとれ市場の佃煮コーナーに売られているごった煮もオススメです。600円程で様々な魚の佃煮がたっぷり入っています。かなり甘めの味付けですがご飯に合わせると箸が止まりません。とれとれ市場の佃煮コーナーは試食がたくさんあるので味わってから購入できるのがありがたいです。
御坊市にあるパンとケーキのお店、ボナペティヤナギヤのエッグタルトは最近難波でも出張店舗で販売されています。エッグタルトといえば甘いカスタードのような味ですが、ヤナギヤのエッグタルトは甘さ控えめ。卵の風味がしっかり味わえます。

ずばり有田みかんもオススメです。ちゃんとした箱入りはもちろんですが、和歌山の道路を走っていると道端でも無人販売所で売られています。安いし、たくさん入っています。箱入りに比べると美しさはかけるかもしれませんが、味はどれも甘いです。冬になると山のみかんの木がたわわに実って風情があります。
是非和歌山に来られた際はたくさんの美味しいものを召し上がってください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。